人気ブログランキング |
ブログトップ

カメさんHの山バカ日誌3

<   2018年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

寒かったコウモリ谷

2018/10/31
今日は定例のコウモリ谷水曜クライミングに参加する。
須磨のメンバー4名(初Nさん、三宮のIさん、ティーチャ、H)とスマウラさんとワンちゃんの6名の貸切りでした。
右岸壁は終日14℃で時折、風があって寒かったです。
Hは哲道後に旅次郎にクイックドロー掛けをし、その後2回トライするが、進歩なし。。。。。でした~。

b0227552_20042672.jpg

腰痛?セカンドチャンスを気迫のトライで再RPされた、三宮のIさん




by kamesanhno | 2018-10-31 20:05 | クライミング | Comments(0)

半年ぶりの備中クライミング

2018/10/27~28
Yさんのリクエストで9月の連休に備中クライミングを計画したが、2回とも雨予報で中止した。
今回も土曜日が雨予報でどうするか悩んだが、粘った結果、水曜日頃から土曜日も登れる予報になってきた。
杉田商店に2回ほどキャンセルしているので、今回は行きますでと言ってHのお気に入りの木の村を予約する。
結果、両日ともいいコンデションでクライミングが楽しめました。
10/27 長屋坂
11時過ぎに駐車場に着いた。5,6台の車が駐車されていました。

b0227552_20001207.jpg


今日は左端のエリアが人気でした。
正面壁は女王様とmorisamaだけがトライされていました。
特に目標もないので、プラナン、ザグ、スプリング、壁の散歩道、クスクスを登って16時頃に終了する。
若い人が多くてまだ皆登っていました~。
10/28 向こう長屋

b0227552_20003288.jpg

木の村での朝の朝食

今日は最近、ロクスノに掲載された向こう長屋エリアに行く。
8時過ぎの長屋坂はすでに3台の車が駐車されていました。
「シニアが安全に楽しめる」をコンセプトに開拓されてそうです。まさにH向けのエリアなので訪れてみました。
最初にモアイ岩に行く。
駐車場から10分弱です。ネーム通りの岩ですが、ショートルートで威圧感はありません。

b0227552_20004456.jpg

モアイ岩のひろみんにトライするKさん

ひろみん5.9 角道5.10a 定跡5.10bとやさし順番で登る。
そして、同じ5.10bと思ってトライしたルートはと銀5.11bでした。
こんな、絶対に5.10bではないはとテンテンでした。
降りてきてトポを見てなっとくでした。上部で右に行くのが定跡5.10bでハング越えが一手の重み5.10bでした~。
昼食後、と銀の回収をYにお願いして、すぐ上部にある代官ドリーネに行く。
TPで回収されたYさんはその後、と銀にマスタートライされてRPされました~101.png

b0227552_21222250.jpg

ひろみん?のH

b0227552_20005542.jpg

美味しそうなウスヒラタケ 

b0227552_20010794.jpg

ここのエリアはモアイ岩より広いが傾斜はさほどない。トポとルートを確認するのに手間どいました。
最初に確認できたルートお代官さま5.8を登る。

b0227552_20012552.jpg

絹かけ大根おろしA5.10cのKさん
石灰岩のスラブルート 傾斜はないけど。。。2P目は恐すぎてプリクリする。
結果はスラブを登るのではなくて、クラックを利用して登る。
上部は下では見れない、切れ切れのポケットがありました。結果5.10aぐらいに感じる。

b0227552_20013683.jpg

クライマーは大阪から日帰りで来られたYさんの友達
このルートは中学生5.10cと思ってトライしたけど、
10cのルートではないらしい、10aか5.9くらいでしょう。
向こう長屋は確かにシニア向け、初心者向きのエリアでしょう。
でも、貸切り同然で、周囲は紅葉が始まりだしていて、昨日の長屋坂の混雑に比べて、雰囲気が穏やかでいいエリアでした。





by kamesanhno | 2018-10-29 20:42 | 備中・帝釈 | Comments(0)

久しぶりの連荘のコウモリ谷

2018/10/25
今日はKさんのリクエストでコウモリ谷に行く。京都Pの方が5,6人右壁に来ておられました。
久しぶりに左壁の子年のエリアで4本ほど登る。
日陰では少し寒さを感じるけどいいコンデションでした。Kさんが夕方に用事があるので15時前に終了する。

b0227552_18283778.jpg


何日か前に畑で収穫できた落花生
塩ゆで8分ぐらいで、いい酒の肴になりました~101.png


by kamesanhno | 2018-10-25 18:32 | クライミング | Comments(0)

よいコンデションになってきました。

2018/10/24
今日は定例のコウモリ谷水曜クライミングに参加する。
前回はメンバーが遠征中だったので、ティーチャーと二人だったが、今日は須磨のメンバー7名で賑わいました。
そして貸切りでした。午前中は少し暖かかったが午後から冷えてきてよいコンデションでした。
Hは旅次郎に3回トライするが、前回より少し前進かな?
トライしなければ前進はありません。
諦めずにトライするだけです。。。。。

b0227552_20004302.jpg

b0227552_20010618.jpg

この時期に咲きだすツメレンゲ


by kamesanhno | 2018-10-24 20:02 | クライミング | Comments(0)

野鳥トレ 139 オオアカゲラ

10/13に戸隠自然公園に行った時にこの子(彼女)に会えました。5月にはオオアカゲラの巣立ちに会えたけど。。。。
この子に会えなかったら坊主の戸隠自然公園でした~。

b0227552_19275605.jpg

オオアカゲラの♀

b0227552_19272580.jpg


b0227552_19285068.jpg

小川山の林道で会いました
初見の野鳥です
図鑑で調べたけど。。。特定できずです

b0227552_19281874.jpg



by kamesanhno | 2018-10-22 19:31 | 野鳥 | Comments(2)

寒くなってきたコウモリ谷

2018/10/20
今日は会のメンバー7名でコウモリ谷に行く。少し前の暑さが嘘やろう。。と言うぐらい今日は時折強烈な風があって寒かったです。
Hは薄着で行って失敗でした。雨具があったので何とか凌げました。気温は終日15℃ぐらいでした。
Hはアップなしで、旅次郎にクッイクドロー掛けで登る。その後2回ほどトライするが、相変わらず核心部が越えられない。。。
最後に、久しぶりにハットトリックにトライするが当然のごとくテンテンでした。
これから、寒くなってコウモリ谷の季節です。

b0227552_20253997.jpg

復活にマスタートライのティーチャ―

b0227552_20255174.jpg

同じく復活トライのSWさん

b0227552_20260108.jpg
同じく復活の番長
キャプテンは復活が終わって、活断層にトライ中
フクチヤマさんはマーメードとパインヒルをRP!
皆さん、好調です。



by kamesanhno | 2018-10-20 20:30 | 山歩き | Comments(0)

東高座岩

2018/10/18
今日はKさんのリクエストで東高座岩に行く。Hは8月以来の2回目でした。
午前中は日陰なので寒いくらいでした。午後からは気温が上がって蟹悩ませられる。
当然、貸切りで静かなクライミングが楽しめました。
この岩場はこれからいいがコンデションになるでしょう。12月ぐらいまででしょう。
集合時間が遅かったので、ヤワラカキャタピラー5.9、バランスアドバイザイー5.10a、桜守5.11a、バッショネイト5.10cの4本を登る。

b0227552_20232359.jpg

桜守のKさん
HはマスターOSできました。
お買い得と言われるルートですが、設定者の意志を尊重です。
やはり久しぶりのOSクライミングは嬉しいです。

b0227552_20233431.jpg

バッショネイトのKさん
Hはこのルートの方が見栄えもあっていいルートと思います。
トポをみたらやはり★三つでした。
ここの岩場は全体的に出だしにムーブがあっておもしろかったです。


by kamesanhno | 2018-10-19 20:29 | 丹生山系 | Comments(0)

二週間振りのコウモリ谷

2018/10/17
今日は定例のコウモリ谷水曜クライミングに行く。主なメンバーが遠征中なので、今日はティーチャーとHの二人でした。
6月以来の右岸壁に行く。今日の右壁は顔見知りの京都メンバー5名と二人でした。
久しぶりにもういいでしょうでアップ後にティーチャーが復活にトライされる。
HはS林さんが来ておられたので、旅次郎に2回トライさせてもらう。3ヶ月振りのトライです。やはり体がついてこないのでテンテンでした。
相変わらず、最後の核心部の足位置がわからない。。。。
最後に哲道を登って終了する。
右岸壁はやはり登りごたえが違います。いいコンデションになって来たので、今後は右岸壁通いが続きそうです。

b0227552_22001941.jpg
テラスからの衝原湖


by kamesanhno | 2018-10-17 22:02 | クライミング | Comments(0)

小川山クライミング&妙高高原山歩き  その2

10/10

今日は妙高高原への移動日、春に甲府幕岩から戸隠自然公園に移動したときは、長坂ICから中央道で向かったが、どうやら遠回りをした。

今回は佐久方面にR141号線を北上し、R8号線から妙高高原に向かった。途中にコインランドリーで4日分の洗濯をする。

上田市辺りでナビに誘導されて峠越えがあった。18号線沿いに行くべきでした。それでものんびりとドライブを楽しんで16時頃に妙高高原に着いた。

10/11

昨夜からの雨で高原は深い霧に覆われていた。視界がまったくない。諦めて野尻湖方面に観光に行く。野尻湖を一周しょうと走っていたら通行止めのため大きく迂回するが、どこを走っているのか分からなくなる。結局通行止めの所まで引き返す。

昼食で寄った蕎麦屋の隣にあった関川の関所(道の歴史館)を見学する。江戸時代の参勤交代は凄いな~。加賀藩の道のりの絵図があったが上越まで北上し、この関川の関所(北国街道)を通って中山道~江戸へと参勤交代が行われてそうです。まさに参勤交代は藩の一大行事だったのです。

10/12

雨は降っていないが、まだ深い霧に覆われている。昼から晴れることを期待して、妙高山に登りに行くことにする。

燕登山口で500円の入山料を払う。先行の日とは一人とのこと。ちょうど、9時に出発する。

落ち葉のジュータンが気持ちいいが、相変わらず周囲の紅葉は望めない。5合目まではトラバースでわずかな登りだったが6合目辺りから胸突き八丁の急な登りになる。天狗平まで3時間かかった。ここから妙高山までは2時間と表示されている。

                          

b0227552_19230988.jpg

天狗平からの妙高山

b0227552_19233346.jpg

溶岩の道を登る

b0227552_19243409.jpg

下山時には紅葉と黄葉が楽しめました

幸い12時ころから晴れ間が出てきて、下山時は展望と紅葉と黄葉を楽しむことができました。
登山口に到着したのは17時30分だったので8時間30分かかった。久しぶりの長い歩きでした。

10/13

今日は戸隠森林植物園に行く予定だったが、茶臼山の登山口までドライブする。昨日と異なり大きな駐車場は登山者の車で、満車状態でした。どうやらこちら方面が人気があるようだ。

その後、戸隠自然公園に向かう。ここも奥社への参拝客で超満員でした。野鳥はあまり出合わずだったが、大アカゲラに出合えてヤレヤレでした。


b0227552_19250591.jpg

戸隠山自然公園
鏡池と戸隠山

10/14

今日は神戸に帰神するだけ。中央道の中津川辺りが工事で終日車線規制で渋滞が見込まれるので、R8号線で上越まで行って、北陸道経由で帰ることにする。結局、日本海を眺めながら親不知ICまで国道を走る。敦賀から舞鶴道を走りが上り車線はほとんど車が走っていなくて、快適なドライブが楽しめました。今回のツアーの走行距離は約1500㎞だった。


by kamesanhno | 2018-10-17 19:29 | 山歩き | Comments(0)

小川山クライミング&妙高高原山歩き  

2018/10/0610/14

紅葉の季節に一昨年、昨年と東北地方の白神山地を訪れた。今年は小川山にまだ行っていないので、小川山の紅葉クライミングと新潟県のまだ訪れていない妙高高原に歩きに行く計画を立てた。

移動日3日、小川山クライミング3日、妙高高原山歩きを3日とした。結果は1日が雨で観光となったが、素晴らしい紅葉のなかでクライミングと山歩きを堪能できました。

10/6

またもや、台風が来ている。日本海側の北コースなので、台風前に小川山に行って、車中泊のつもりで計画を強行する。

新名神で北井宅に寄り10時頃出発して、長坂ICのスーパーで買い出し、ナナーズでビールとレタスを購入、廻り目平キュンプ場に17時前に着く。

なんと!廻り目平は駐車場を探すのに大変な大盛況でした~。林道近くの少し傾斜したところにテントを張る。さすがに深夜は台風の通過で凄い強風だった。

10/7

b0227552_19033199.jpg

駐車場からの屋根岩岩峰群


台風一過で穏やかな朝を迎える。どこを登る目標もないので、久しぶりに西俣沢対岸の父岩の小川山ストリートに行こうと思ったが、日陰でとても寒そうなので、即変更して屋根岩2峰のソラマメ下部スラブに行くことにする。

下部スラブに着いたら、ビックリでした。たぶん20名ぐらいのクライマーでいっぱいでした。ここでこんなにクライマーがたむろしているのは今までで初めてでした。

ここは、諦めてソラマメスラブに向かうが登り過ぎてしまって、3峰の取付きに着いてしまった。マルチルートの南稜レモンルートは人気のようで、2、3Pが時間待ち状態でした。

ここには、南陵レモンルートの右側に2本ほどフリールートがあるが30mです。ここで登ることにする。

最初にトライしたのがJMCCルート5930 5,6年前に登っているが、今日はカムを持って来ていない。1ピン目は2.5mのお助けでも届かないので、左上するフレークを登るが怖かった~。

b0227552_19040520.jpg

左側は南陵レモンルートの1P目を40 ㎏の荷揚げトレの若者3人チーム
エルキャピタンにトライするとのことでした。

2本目は隣の同志会ルート5.10bを登る。このルートの方が登りやすかった。

下降時に3峰下部のつるかめスラブ5.8を登って、その後ソラマメスラブのやわらかソラマメ5.8、空いてきたソラマメ下部スラブの生木が折れたよ5,9と甘食5,10bを登って終了する。

b0227552_19043807.jpg

つるかめスラブ?

10/8

今日も3峰方面に行く。昨日に3峰の右方面に回り込んだところに、見栄えのいい5.11aのルートがあることを知った。昨日はベテランのクライマーが家族ずれで登っておられた。そして、ソラマメ下部スラブにも右側に回り込んだところに、まだ登っていないルートを知った。

b0227552_19054835.jpg

マイルドタジヤン?

昨日と同じく8時過ぎに3峰に向かう。幸い目指すソラマメスラブ下部の2本のスラブルートは誰も取付いていない。最初にマイルドタジヤン5.8にトライする。出だしにムーブがあったが、何とかMOSできた。隣のワイルドタジヤンは5,10cだ。マイルドで必死のパッチだったのでTRにする。でもテンション、テンションでした~。

そして、今日の3峰の目標ルートへ行く。メルトダウン・ダイレクト5.11b★★★クイックドロー12本のロングルートだ。右に逃げるとメルトダウン5.11aで★★のルートになる。気合を入れて登りだすが、超コマカチに恐れてすぐに、お助けのお世話になってしまう。5P目はランナアウトしていてお助けも届かない。必死のパッチクライミングで折れてしまう。

b0227552_19383860.jpg
メルトダウン下部のKさん



5本目の中間部辺りにローワダウンのビレイ点が設置されているので、ここまでとする。ルートは30m以上あると言うことでしょう。

まあ、しょうがない。でも小川山での目標ルートができたように思う。

帰りに、登りたくなかったソラマメスラブをトライすることになる。時間待ち後にトライする。たぶん10数年ぶりだと思う。5,9 +だけど、体感は5.10cぐらいです。最後は超ランナアウトしているので、絶対にフォールできないルートです。

b0227552_19061555.jpg
                                     ソラマメスラブのKさん


その後、ソラマメスラブ下部で時間待ちして三食スミレ5,10aと新しいルート5.8を登って終了する。

b0227552_19064594.jpg

10/9

今日もいい天気だ。平日になったのでテントも二張りほどに減った。隣の平坦なテント場に移動する。

今日はのんびりとガマスラブのマルチルートを登ってスラブ状岩壁でフリールートをと考えていたが、早朝にトイレに行ったkさんがガマルートは登攀禁止の張り紙があったとのこと。

昨日までは張り紙はなかった。たぶん、3連休で禁止を無視して入山があったのか、苦情があったからでしょう。そういうことで、Kさんのリクエストでフェニックスの大岩に行くことにする。金峰山に歩きにに行くときに見る林道沿いにある大きな岩です。


b0227552_19075274.jpg

フェニックスの大岩

Hは一度だけ登りに来たことがある。Hの古いトポでは下部はルートは名はない。上部のタワーに5.11のルートが2本ある。

下部は講習会で利用されているでしょう。リボルトされているので、安心してトライできます。4本ほど登ったけど、右から.5.7,5.10a.5.8.5.10aくらいでしょう。

b0227552_19082731.jpg

たぶん右から2番目のルートにトライするH

最後に、八幡沢左岸スラブに行って、トムといっしょ5.10aとブラック&ホワイト5.10cにトライして終了する。ホワイトは昨年と同様に再RPはできずでした。。。。。




b0227552_19093209.jpg

ブラック&ホワイトのKさん

そして、ナナーズで買い出しにいってサンマを3匹購入です。

小川山最終日なので、枯れ木を運んできてたき火をしながらバーベキューを楽しみました。

b0227552_19095531.jpg
サンマと野菜のバーベキュー


by kamesanhno | 2018-10-15 19:30 | クライミング | Comments(0)

クライミング、沢歩き、山歩き、四季おりおり山を楽しみたいですね。