ブログトップ

カメさんHの山バカ日誌3

<   2018年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

野鳥トレ 133 ベニアジサシ

2018/07/31
舞子浜にベニアジサシが来ているとのことで、8時過ぎに行ってみる。すでにたくさんのバーダーの方々が来ておられました。
三年前にコアジサシがたくさん来たがこの2年ほどはあまり来ていなかった。
ベニアジサシはコアジサシよりかなり大きいいが、遠くの防波堤にで止まっているので、その違いがわかりにくい。
成鳥は嘴が朱色になる。
b0227552_21543602.jpg
乱舞するベニアジサシ?
b0227552_21544668.jpg
確かに嘴が朱色でした。



続きを見る
by kamesanhno | 2018-07-31 22:01 | 野鳥 | Comments(0)

野鳥トレ 132 神戸森林植物園

2018/07/27
7/23に再度山にサンコウチョウに会いに行ったが、どうやら雛も無事に巣立ったようで、空振りだった。
ということで、今日は久しぶりに森林植物園に歩きに行く。
この時期は、ホンマ小鳥は少ないです。
今日は時折涼しい風が吹いて、数日前の猛暑とは異なりまずまずの歩きができました。
4時間ほど滞在して、銀河の湯に浸かって帰宅する。
b0227552_19131466.jpg
オオルリの若でしょうか?
背が確認できなかった。。。。
b0227552_19132380.jpg
コゲラはよく見ました。
b0227552_19133088.jpg

b0227552_19133851.jpg
ムクドリの若かな?



by kamesanhno | 2018-07-27 19:15 | 野鳥 | Comments(0)

蒸し暑かった堡塁岩

2018/07/26
今日はKさんと堡塁岩に行く。
大池のマックスバリューで待ち合わせて、裏六甲道から10時過ぎに駐車場に着く。
前回の日曜日の混雑が嘘のようで、ガイドの方の3人Pとソロの方が1人で空いていました。
Kさんも約1年振りなので、やさしいチビッコフェースハングルートから登る。ここはKさんもリードトライでした。
凹角ルートはガイドの方が登っておられたので、電光クラックルートを登る。
昼頃から何だか蒸し暑くなる。昼食後は西稜に移動して、ジグザグクラックと何年振りかわからないスカイフレークを登る。
やはり新鮮でした。
午後からは登る時は日差しがあって超暑く、蒸し暑くてテンションがあがりませんでした。
4本ほど登って15時過ぎに終了する。堡塁岩も時々登っていないといけないですね。
b0227552_21114720.jpg
スカイフレークにトライするKさん

by kamesanhno | 2018-07-26 21:12 | クライミング | Comments(0)

コウモリ谷左岸で猛暑をしのぐ

2018/07/25
今日の定例コウモリ谷クライミングは三宮のIさん、ティーチャー、Hの三名でした。
午前中は子年のエリアでガングリオン、イボコロリ左足、右足を登る。日陰なので登っていると汗をかくが、登っていないとそれほど暑さは感じなかった。
少し猛暑がおさまってきているのかな?
午後からは子年のエリアも岩場に陽があたってくるので、河原エリアに移動する。
土曜日に登っている、なりゆき5.9+とナタデココ5.10bを登る。ナダデココは前回はTRだったので、今日はリードでトライする。
出だしの2P目までが緊張する。そして核心に入る前にハンドフォールドをどれを使うかに手間どってテンションでした~。
このパターンでいけばこの夏もコウモリ谷でクライミングが楽しめそうです。
b0227552_20450065.jpg
右足のIさん
b0227552_20450963.jpg
なりゆきのティーチャー
ここからが核心部
b0227552_20451743.jpg
ナタデココのIさん
やはりここからが核心部

by kamesanhno | 2018-07-25 20:47 | クライミング | Comments(0)

真夏日の堡塁岩

2018/07/22
今日は会のメンバー7名で堡塁岩に行く。少し遅れて南稜に着いたら凄い人でビックリでした。
今夏の猛暑で皆さん、考えることは同じです。
いつ以来か調べてみたら、昨年の8/9に来ている。爽やかな堡塁岩と題しているので、やはり今年は猛暑です。
南面中央稜でカムが掛かっている、電光クラックと凹角ルートを登らせてもらう。
その後、西稜にいってジグザグクラックをリードで登る。
今日が2回目のレッドさん、スムーズに登っていました。
その後、カム中さんが登ったあとですが、レッド君はサラマンを2回目でリードトライです。
2回目でリードトライ凄いですね。
後は混んでいたので西稜南面のノーマルルートの右側のフェースルートを登る。前回は下部だけだったと思うけど、上部もボルトが打ってあるが、
滑りがひどいのでノーマルルートを登る。
そして、10数年ぶりくらいか?西稜ハングを登って終了する。
b0227552_19230580.jpg
中央稜南面
凄い人でした。。。。
b0227552_19254587.jpg
中央稜南面
左側が電光クラックのSさん、右側が凹角ルートのNカムさんかな?
b0227552_19232284.jpg
左側がジグザグクラックのSさん、右側がサラマンのレッド君









by kamesanhno | 2018-07-22 19:29 | クライミング | Comments(0)

コウモリ谷 左岸河原エリア

2018/07/21
今日は会の土曜日クライミングに参加する。
参加者はキャプテン、ティーチャー、フクチヤマさん、初Nさん、マメオさん、Hの6名でした。
他に左岸にはポッポのメンバー4名が来ておられました。
少し遅れて、子年のエリアに着くと、キャプテンが何やら木登りをしている。
どうやら、左足、右足のビレイ点からは上部の核心部が木枝が伸びて葉で上部核心部が見えなくなっているため、木を伐採されていた。
Hも気になっていたが、早々の対応に脱帽です。
その後は河原エリアに移動して、一日クライミングを楽しみました。
前回の水曜日はコケの下部が濡れ濡れだったが今日はだいぶん乾いていました。でも湿っぽかったです。
Hは課題ルートの真実の口にクイックドロー掛けで登る。3回登ったけど、マメオさんのムーブが参考になりました。
マメオさんが河原エリアの5本のルートをすべて登ってくれたので助かりました。
おかげでHはなりゆきだけリードで左のルート2本はTRで登らせてもらいました。

河原エリアは登っていないときは時折涼しい風があって良かったです。
今日はカメラを持参したけど、カードが入っていなくて画像はありません。

by kamesanhno | 2018-07-21 19:47 | クライミング | Comments(0)

猛暑のコウモリ谷

2018/07/18
今日は定例のコウモリ谷クライミングだが、参加者は三宮のIさんとHの二人だけでした。
右岸は猛烈な暑さでとても登る気になれないので、今日は左岸壁で登る。
昼過ぎまでは陽ざしがないので、右岸よりはまだコンデションはいいです。
ガングリオン、左足を登って休息する。午後から右足を登るが気温が上がっており、汗だくのクライミングでした。
場所を変えて、河原エリアに行って見る。なんと上部壁は乾いているが、下部のコケコケ部分がまだ濡れていて登れる状態ではない。
右岸にいくのも面倒なので、中間部に造られている新しい2ルートを登る。
Hは昨年の8月の清掃の時に登るルートがないので登っていました。
b0227552_19183582.jpg
右足にトライする三宮のIさん
b0227552_19184357.jpg
左側のルートにトライする三宮のIさん
左側が5.9+?右側が5.10a?ぐらいでしょう。
昨年ルート作成者の方にルート名を聞きましたが、忘れました。



by kamesanhno | 2018-07-20 19:22 | クライミング | Comments(0)

野鳥トレ 131 ブッポウソウ

2018/07/16
b0227552_15582987.jpg

今日はテントを撤収して帰神の予定だったが、ただ帰るだけではと、
町ぐるみでブッポウソウの保護に取り組んでいる岡山県の吉備中央町に寄り道して帰神する。
テントを撤収して9時過ぎに吉備中央町に向かう。
11時過ぎに町が作成したマップをたよりに、まずは鈴木さん宅に伺う。
4羽の雛のライブビデオを見せてもらって、田んぼの中の巣箱で30分ぐらい待つが、ブッポウソウは来てくれない。
やはり、朝と夕方が活発らしい。
詳しい方が横山様のポイントがよく出ると教えてくれたので、横山様のポイントに行く。
初見なので右往左往しながら、やっと横山様に着く。
沢山のバーダーの方々がカメラを構えていました。
12時過ぎから15時30分頃まで、憧れのブッポウソウに会うことができました。


続きを見る
by kamesanhno | 2018-07-19 16:06 | 野鳥 | Comments(0)

大山 烏ヶ山&矢筈ヶ山

2018/07/14
今日は奥大山の烏ヶ山に行く。下山野営場から8:00時出発で、車で30分ぐらいで、鏡ヶ成キャンプ場に着く。
ここからすぐに登山口がある。昨年は一昨年の地震のため入山禁止になっていた。
植生を保護するために、新小屋峠ルートを登って欲しいと案内看板があったが先行Pも入っていったので、このルートを登る。
静かな原生林と中腹は高い笹で展望ない。
新小屋峠ルートと合流する付近から岩稜帯となるが、今回の目的のブルーベリーの実を採取するのが、暑さと疲れを癒してくれました。
甘酸っぱいブルーベリーはホント美味しかったです。
山頂までブルーベリーを摘みながらで2時間半、下りは新小屋峠ルートを下って2時間弱でした。
b0227552_21252325.jpg
烏ケ山から大山の南側の眺望
b0227552_21253134.jpg
登りで摘んだブルーベリーの実
2017/07/15
今日は矢筈ヶ山に行く。
矢筈ヶ山は大山の北東に位置する山でここも、深山のブナなどの原生林に覆われた山で、
眺望はピークに行かなければなにもありません。
ミズナラの木が多いので数年前の9月に訪れた時は、マイタケを見つけて舞うほどに喜びました。
b0227552_20263626.jpg
峠の付近には1400年前の石畳が残っています。
b0227552_20264771.jpg
大休峠
ここには大休峠避難小屋があります。ちょうど峠に着いた時に
大学のワンゲルパーテーの一人が体調不良で、ヘリコプターがホバリングで救出する場面に出合いました。
b0227552_20270012.jpg
矢筈ヶ山からの大山の眺望
数回訪れているけど、なかなか全貌を見せてくれません。
川床の登山口まで工事で通行止めで余分な歩きが往復で1時間以上で今日はよく歩きました。
久しぶりの8時間越えの歩きでした。
b0227552_20364560.jpg
おまけ
朝食です。
大山では毎日、豪円山温泉につかりました。380円で安いです。
そしてサラダの中央にあるのが豪円山豆腐です。ゴマと柚子ともう一つの3種があります。
どれも、とても美味しい豆腐でした~。

by kamesanhno | 2018-07-18 20:44 | 中国地方の山 | Comments(0)

大山 下山野営場

2018/07/13
11時頃にアカショウビンを諦めて、大山に移動することにする。
鳥取道、9号線、山陰道と走って大山ICでおりて大山に向かう。
途中に唯一スーパーがあるので二日分の買い出しをする。
豪円山温泉で浸かって下山野営場には16時頃着いたと思います。
原生林にかこまれたHのお気に入りのキャンプ場です。
金曜日なので駐車場はガラガラでしたが、その後土曜日からは3日間はズット満車状態でした。
大山は人気の山だと再認識です。一番遠かったのが秋田NO、鹿児島NOもありました。ほとんどが県外NOの車です。
土曜日からキャンプ場は有料になります。たぶん、8月末まででしょう。
ちなみに、使用料はキャンプ場使用料が一人500円、テント持ち込み料が1日300円でした。
二人だったので、一日の使用料は650でした。まあ、小川山と同じくらいでしょう。
b0227552_21250361.jpg
下山野営場です。
今どきのオートキャンプと異なり、駐車場から荷物を運ばなければいけません。
左のテントの方は一人で宮城県(仙台)から来ておられました。
竹田城後を見学した後に大山に訪れたとのこと。
2日目の夜に歓談しました。仙台のお酒が美味かった~。
大山に登った後は、松江城、出雲大社、その後広島に移動すると言っておられました。
b0227552_21251310.jpg
こちらは、ファミリー用の貸しテントです。6人用で5000円ぐらいだったと思います。

by kamesanhno | 2018-07-17 21:41 | 中国地方の山 | Comments(0)

クライミング、沢歩き、山歩き、四季おりおり山を楽しみたいですね。