人気ブログランキング |
ブログトップ

カメさんHの山バカ日誌3

<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

岩場で落石で事故

2017/01/07
年始早々の7日に落石で事故を起こしてしまった。
事故の経過を記すかどうか迷ったけど、やはり反省を込めて記しておきます。
1月7日の土曜日は午前中に所要があったのでクライミングは参加できないと思っていた。
あんがい、所要が早く終わったので天気もいいので出かけることにした。
11時過ぎに岩場に着く。初Nさん等3名が登っておられました。
しばらくして、谷君がやってきたので、ガングリオンをアップで登る。その時に磯キャプテンが猫の渡り廊下を初トライされる。
猫の渡り廊下は上部が脆いので注意してください。と助言する。
その後、MさんがTRでトライされる。下部の2ヵ所のスラブ帯の細かいところをすでに通過されていたところを見たのが最後でした。
そして谷君のビレイの準備をしているときに「落く!」の声が聞こえた瞬時に右側に移動したときに右腕下部に衝撃があった。
痛みも何もなかったが腕が折れたと思った。
皆さんから応急手当を受けて患部を固定してもらった。右腕前腕部は岩が当たった傷は僅かだった。おそらく正方形の岩の角が腕に直撃したのだろう。
岩場から駐車場に向かい病院に着くまでは患部がズキズキとした痛みがあった。
Mさんが病院に何度も電話をしてくれたがどこも正月明けの土曜日なのか、緊急を受け付けてくれなかった。やっと箕谷の病院が受け付けてくれた。
レントゲンで骨折していることが分かる。後日に分かったけど、右橈骨(とうこつ)幹部開放性骨折だった。結構、ひどい骨折とのことだった。
外部からの損傷骨折は6時間以内に洗浄手術が必要とのことだが、当直の若い医師にはその手術ができないとのこと。
神戸市民病院とか日赤病院に問い合わせするが医師がいないとのことだった。
結局、当病院の外科医の医師が来てくれた。そして6時間以内の洗浄手術を無事終えることができました。
落石の損傷は骨まで達していなかったとのことだった。
抗生剤と血液検査で細菌の発生がないことを確認して事故後の1週間後の土曜日に患部にの結合手術を受ける。
術後の日曜日の午後ぐらいに凄い痛みがあったがその後は痛みもなく穏やかな入院生活が続いた。
結合手術後の1週間後ぐらいにギブスも取れてリハビリを続けて事故後の3週間で抜糸もできて退院できました。
日常生活には支障がないが、異なる動きをすると多少痛みを感じます。
今後は少しづつリハビリを続けてクライミングに復帰したいと思っています。
今となれば、このぐらいの事故で済んだことを幸いと思わねばです。
落石が5センチ外れていれば笑い話ですが、頸とか頭部だったら今こうしてブログの記載はできていないでしょう。
あらためて思います。山(クライミング)では何が起こるかわかりません。
b0227552_21100838.jpg
3週間過ごした病院からの丹生山系の風景です。
中央の山が花折山、左端が稚児墓山です。
またクライミングができることに感謝し、安全クライミングを継続していきたいと思っています。

b0227552_21331356.jpg
オペ前
b0227552_21325436.jpg
オペ後









by kamesanhno | 2017-01-31 21:29 | 覚書 | Comments(2)

野鳥トレ68  カワセミ

2017/01/04
九州から帰って、午前中ゆっくり過ごして午後から毎年の行事の奥須磨の多井畑神社に参拝する。
初詣後に奥須磨公園を散策する。カワセミのポイントに行ってみたら、正月早々サービス満点のカワセミに会うことができました。

b0227552_20342281.jpg



続きを見る
by kamesanhno | 2017-01-29 20:36 | 野鳥 | Comments(0)

九州クライミング3

2017/01/01/~03
1/1 庵で元旦を迎える。大晦日は20時過ぎに寝たが元旦の0時過ぎにガンさんがゴソゴソしている。
どうも寝つきが悪いようで、二人で昨夜の残りの鍋とおせち料理を肴に
リン会長の差し入れの播州のお酒をチビチビと飲む。そのせいかその後はぐっすりと寝れました。
元旦の朝は庵にあった味噌ラーメンで雑煮とご飯でした。
9時頃にMオーナーに挨拶して本庄に向かう。
2時間ぐらいで本庄に着くが磯キャプテン等が登っているはずの魚道エリアの駐車場がわからない。
昔のトポをたよりに探したが、現在は新しい橋が作られているようです。
夏男夏女5.10bを登らせてもらってから、皆で元気の出るカンテ5.11aにトライする。
Hの苦手な被り系のルートです。マスタートライとTRで2回登って終了でした。
近くの道の駅の温泉に浸かって、お茶の間サロンでお世話になる。ヨリコさんの先輩からの差し入れがあったりで、元旦から豪勢な夕食を頂きました。
1/2 2日の朝に磯キャプテン達は9時過ぎに帰神されました。昨日同様にガンさんと魚道エリアに行く。
アップ無しで元気の出るカンテにトライする。やはりアップは必要でした最後の核心部で指先が冷たくて感覚がないし、クリップムーブが分からずフォールでした。
2回目はRPを焦って、レストを忘れてテンション。3回目にやっとRPできました。久しぶりに、ゼイゼイハアハアで全力クライミングでした。
ガンさんの調子が悪いので14時頃にクライミングを終えて、近くの違うエリアに見学に行く。井ノ上タワーエリアと前高エリアを確認できました。
16時頃にサロンに帰るが、ガンさんが微熱があってお風呂はパスとのこと。
風呂はHもいいわで、残っていた缶ビールを頂いているときに、ヨリコさん達が用意してくれたキムチ鍋の野菜の外に豚肉と豆腐を買い出しすることを忘れていました。近所の雑貨屋さんで行って具材を探すが何もなかった。店のご主人から売り物ではないシカ肉の冷凍を頂いた。
結果2日の夜は元旦の賑やかさと異なりH一人で野菜キムチ鍋と鹿の刺身で夜がふけていきました。
1/3 3日の朝、ガンさんもだいぶん体調は回復したようです。
昨夜のキムチ鍋雑炊を頂いて9時頃本庄を出発する。
臼杵港でで1時間30分ほど時間待ちし、11時35分発のフェリーで明石海峡大橋経由で垂水の自宅に19時前に帰りました。
今回の宮崎クライミング、本庄クライミングは食材等皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。
b0227552_20094677.jpg
魚道エリア
元気が出るカンテ前




続きを見る
by kamesanhno | 2017-01-06 20:28 | 宮崎の岩場 | Comments(0)

九州クライミング2

2016/12/31 比叡山3峰白亜スラブルート
取付き(9:30)~白亜スラブ5p~終了点(14:30)
大晦日です。今日は比叡の3峰の白亜スラブに行く。
Hはこのルートは変化にとんだ比叡山を代表する好ルートと思っています。
過去2回登っているので今回が3回目でした。ガンさんがオールリードで登るのでフォローと言う気安さで荷物を担ぎ過ぎでした。
4P目から壁は被り気味となる。荷物の重さがだんだんと体にこたえて最後はA0で何とか登りことができました。
2P目でガンさんは苦手なレイバックムーブで苦戦されていたけど、その後もリードで登り続けました。さすがです。
新しく刊行された「宮崎の岩場クライミングガイド」のルート図によると1pⅢ+,2p5.10,3p5.10,4p5.11-,5p5.8
となっていますが、1pⅢ+,2p5.10b,3p5.10c,4p5.11a-,5p5.9ぐらいと思います。
b0227552_21004718.jpg
左方カンテルートを登るハタネェーpのしずかちゃん
白亜スラブルートも1P目は同ピッチを登ります。
昨夜の宴会でちょっと飲み過ぎたリン会長は胃の具合が悪くて留守番でした。
ガンさん、ヨウコ様、Hの3人で白亜スラブを登る。釣瓶の予定がフォローとなってヨウコ様とニコニコでした。










続きを見る
by kamesanhno | 2017-01-05 21:23 | 宮崎の岩場 | Comments(0)

九州クライミング

2016/12/29~01/03
年末年始は九州にガンさんとクライミングに行ってきました。
年末は29日朝に垂水を出て夕方に先発Pの会長夫妻Pと合流し、宮崎の庵をベースに雌鉾岳の大長征ルートと比叡山3峰の白亜スラブのマルチルートを登る。
31日に会長夫妻Pが帰られたので、ガンさんと二人での大晦日でした。元旦に大分県本庄の磯キャプテン達と合流してフリークライミングを楽しみました。
仕事をしている時は皆さんが休みの時が繁忙期だったので超久しぶりの大勢の仲間との年末年始の山が楽しめました。

b0227552_20433023.jpg
大長征ルートの大滝左ルートの核心部のヨウコ様


続きを見る
by kamesanhno | 2017-01-04 21:34 | 宮崎の岩場 | Comments(0)

2017年元旦

2017/01/01
新年あけましておめでとうございます。
b0227552_16424745.jpg
本年も宜しくお願い申し上げます。


by kamesanhno | 2017-01-01 01:20 | 覚書 | Comments(0)

クライミング、沢歩き、山歩き、四季おりおり山を楽しみたいですね。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31