人気ブログランキング |
ブログトップ

カメさんHの山バカ日誌3

<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

小川山クライミング 妹岩

 3日目は朝方から雨模様、今日はクライミングは無理かと思ったが雨もやんで天気が回復してきた。遅くなったけど、リーバーサイドは登れるかもで行ってみた。結果風通しがわるいのかずぶ濡れでした。妹岩まで登ってみたら壁は乾いていて「愛情物語」「龍の子太郎」「カサブランカ」が登れました。 
 2本登った後、ラスマツさんズット「カサブランカ」見上げておられました。そし登ってみます!
でOS以来の4,5年ぶりのトライでした。
 結果はワンテンでした。凄いですね!arutuはTRでツウテン!左手のハンドジャムが下手です。やっぱりクラックルートも時々触っていないと。。。です。
 その後、初めてマラ岩の西面、南面に行ってみました。「届け奥の手」「ホリーデイ」のラインが登ってみたいなと思わせてくれました。次回には。。です。

b0227552_22535483.jpg

愛情物語5.8 久しぶりのNPなのでサイズ合わせに戸惑ってしまいました。でも長くていいルートです。

More
by kamesanhno | 2011-07-31 23:04 | 小川山等 | Comments(0)

小川山クライミング 屋根岩3峰神奈川ルート

 2日目は屋根岩3峰の南稜神奈川ルートに行く。2峰からのトラバースルートが分かりやすいですよ、で行ったけど2峰の登り口を間違えるしでウロウロ迷ってしまいお二人から「どないなってね!」とお叱りを受ける。まあ3峰は樹林に囲まれていて岩峰が見れないので、皆さん迷うと思うけど。。。しょうがないです。取り付まで2時間弱かかってしまいました~。007.gif
 1P目はやさしいフェースですがピンは1本です。2P目はレモンルートは右側のダイクをトラバースです。神奈川ルートは左側のフレーク壁を左上します。2年前はピンは1本だったと思うけど2本になっていました。arutu好みのピッチでした。
 3P目のチムニーがこのルートの核心です。ラスマツさん奮闘されました。arutuはフォローなのでルンルンでした~。このルートはここまでです。もう1P伸ばしたけどピークにたてないので。。。です。
 懸垂下降3回で取り付きに降りれます。2峰のセレクションには時間の関係で行けずです。以前から登ってみたかった右側の「JMCCルート5.9」を登る。30mのロングルートで弱点を突いたいいルートでした。トポは★だけどarutu的には★★★ですね。このルートとレモンルートの3P目のクラックルートにつなげるといいルートになると思います。次回登ってみたいですね。
b0227552_22341278.jpg

1P目のフェース ボルト1本

More
by kamesanhno | 2011-07-30 22:41 | 小川山等 | Comments(0)

小川山クライミングその1 ガマルート

 ガマルートはガマスラブを1P登ってからがスタートになる。先客Pがあったので少し下の「ハート&ソウル5.10ab」からラスマツさんがスタートでした。ここのスラブは辛いです、途中からガマルートに修正でした。
 
b0227552_22275374.jpg

 
1P目の「ハーフ&ソウル」のラスマツさん。

More
by kamesanhno | 2011-07-29 22:47 | 小川山等 | Comments(0)

小川山クライミング

7月24日(夜)~28日 
今年も避暑を求めて小川山に行って来ました。クライミングより廻り目平で避暑をするのが第一目的かもです。日曜日の出発日に天気予報が大きく変わって慌ててしまう。宮崎に変えようかな?と思うほど毎日が雨予報だった。午前中でも登れればいい。。。と切り替え予定通り出発する。結果は3日間クライミングが楽しめました。
木曜日夜半からのかなり激しい雨で(だったらしい)木曜日午前中のクライミングは中止し帰神することにしました。
昨年以上に小川山は寒くて登っていない時はTシャツでも寒かったです。当然朝夕は冬山衣類でした~。
 1、2日はマルチルート、3日目は天気のおかげで予定していなかったクラッククライミングでした。
b0227552_2232404.jpg

1日目はガマスラブからガマルートをラスマツさんリードで登りました。
ガバスラブ スラブに慣れるまではビビります。 
by kamesanhno | 2011-07-28 22:43 | 小川山等 | Comments(0)

救急講習会

2011/07/22
今日は王子の神戸登山研修所で県連の救急講習会があった。時間があったのでで久しぶりに三宮から歩いて王子までに行く。約40分で三宮から神戸駅と同じくらいです。
 旧西国街道を歩いてみたけど、あまり歴史を感じることもなかったので途中から春日野道のアーケイド街を歩き、その上のアーケイド街(名前を忘れた)を歩いた。時代の変換ですね。6時頃だったけど薄暗くてとても寂しかったです。



b0227552_22215175.jpg


More
by kamesanhno | 2011-07-23 22:22 | Comments(0)

台風6号

2011/07/20
「マーゴン」のおかげで計画していた沢歩きは当然キャンセル。今日はもっとひどい状態になるのと思ったので出勤体制だったが昨日の夜どうも大丈夫らしいとの連絡があったので今日もレストでした~。
 Arutuのレストはすることがないので体によくないな。テレビも飽きてしまいます。逆にストレスが。。。人工壁かランニング癖でもつけようかな?です。
 それにしても今回の「マーゴン」の経路はあまり経験がないです。夏台風はだいたい日本の太平洋側を秋台風は日本海側を東北上します。Arutuの予想ではもっとはやく東北上コースかなと思っていたら四国に向かってどんどう北上しました。なかなか四国山地を超えることはないけどどうも偏西風が吹くのが今回は遅かったようです。もっと早く吹けよ~です。
 徳島県南部の沢を考えていたけど8月後半ですね。

b0227552_21354834.jpg

 なかなか熟さないです。
b0227552_21394751.jpg
 
 arutuの小さなガーデイン
by kamesanhno | 2011-07-20 21:43 | 樹木、花など | Comments(4)

フウラン

 昨年買ったフウランが見事に花を咲かせた。フウランはほとんど手入れはいらないけどこんなに綺麗に咲いてくれた。

b0227552_22174023.jpg


More
by kamesanhno | 2011-07-15 22:27 | 樹木、花など | Comments(0)

裏六甲地獄谷

 2011/07/13
昨年初めて裏六甲山の地獄谷を歩いてとても気に入ったので、今年の初沢歩きは地獄谷からスタートすることにした。昨日は予想に反して雨模様だったが今日は一変夏日!だった。
 神港学園のグランドに入る手前に車を3台ぐらいおける空地がある。ここまで車で入れるので沢をピストンするにはとてもありがたいです。昨年の経験があるので駐車場から適当に下っていったらどうも昨年と違う。どうやら石楠花谷の方に行っていたようだ。一旦駐車場に戻って間違いに気が付く。今日の沢の核心でした。
 地獄谷は水晶山第3堰堤から第5堰堤の間が沢歩きが楽しめる。第4堰堤の手前に滑り滝がある。この滝は淵が大きくてりっぱな滝だが唯一、直登はしなかった。なんだかこの付近だけがこの地獄谷の汚点かな?です。大きな堰堤なので底樋?中樋?から水を放流しているからだろうか?なんだかこの辺りはドブ臭いのです。。。
 第4堰堤は土砂に埋まっているが、しばらくハイキング道を歩いてまた沢に入る。ここからの渓流歩きはとても気持ちのいい歩きができます。ハイキング道もあり、渡渉を繰り返し歩けます。滑床が所々にあり2ヵ所ほど滝登りもあったりで沢歩きを楽しむことができました。夏はやっぱり沢ですね。木漏れ日と沢の清涼感が素晴らしいです。
 六甲山の沢はあまり歩いていないけど、この地獄谷はたぶん六甲山では超!お勧めの沢なのかな?です。
b0227552_2159526.jpg

第4堰堤の手前では手ごろな滝が連続します。

More
by kamesanhno | 2011-07-13 22:08 | 沢歩き | Comments(2)

雨のコウモリ谷

 今日は雨が降るとはまったく予期していなかった。灼熱のコウモリ谷を想定していたけど、取り付きに着いたと同時に小雨が。。。。。でした。
 でも哲学の道とパインヒルは何とか登れました。雨脚が強くなったのでテスト岩(岩小舎)に避難してダベリングでした~。
 震災エリアは登れる状態だったけど、モチ低下で小雨の中コウモリ谷を詰めて峠までの歩きました。小雨と汗とでベットリでした。たまにはこんなコウモリ谷もいいですね。

 
b0227552_2094935.jpg

 哲学の道のブックママ RPされているけど数年振りでは厳しかったみたいですね。

More
by kamesanhno | 2011-07-12 20:21 | クライミング | Comments(0)

希望の缶詰

 情報通のにゃみにゃみさんから大山寺の「なでしこの湯」で石巻市の缶詰が販売されているので、お近くに行かれた際には購入して頂けますか?のメールがあった。
 昨日のこうもり谷クライミングの帰り道に寄ってみた。とても有名な缶詰であることが分かった。
チラシには
~この缶詰を購入いただいたお客様に、約束させてください~以下の記載があった。

私たちは、必ず復興します!
だから、この缶詰の味を忘れないでください。
石巻の漁業が復活するまで、この缶詰はもう作ることができません。
まだ数年かかると思います。
でも、石巻の漁業と私たちの復興、その2つが揃ったとき、
必ずまた皆様に美味しい三陸の海の幸の缶詰を届けさしていただきます。
その日まで、是非引き続き私たちを応援してくださいますようにお願い申し上げます。

この缶詰は瓦礫のなかに埋まっていた缶詰なのですね。なでしこの湯では3品の缶詰が販売されていました。
「さばの味噌煮」「さんま水煮」「カレイの醤油油煮込み」何だかすぐに食する気持ちになれないのでまだ食べていないです。でも食べてこそかもしれません。夏のキャンプで頂いてみようかな?です。

b0227552_2171263.jpg

by kamesanhno | 2011-07-07 21:09 | Comments(2)

クライミング、沢歩き、山歩き、四季おりおり山を楽しみたいですね。