人気ブログランキング |
ブログトップ

カメさんHの山バカ日誌3

<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

雪彦山

 前回の雪彦山は小雨で登れずでした。梅雨入りしたけど今日は何とか持ちそうなので台風明けの雪彦山でした。
 この時期の三峰はハヤブサが子育てをしているので地蔵岳の東稜を登ることにする。台風の影響でしょう登山道は青葉の落ち葉で埋まっていました。
 arutuの定番の東面スラブは湿っているようなので東稜の右ルート?からスベリ台にトラバースする。このスベリ台のテラスで山並みを眺めながらのんびりする。このひと時が最高に幸せに感じます。ハヤブサはどうやら不行岳の方に巣を造っているようです。
 スベリ台は遠慮なくA0で登る。ようこんなところフリーで登ったな~。です。大凹角も湿っているようだったので、地蔵の頭まではK井さんにリードで登ってもらう。やっぱり何度のぼっても雪彦山はいいですね~でした。
 今日は他の目的があったので地蔵の頭から懸垂下降2回で取り付に降り下山しました。目的も達成でき、新緑の雪彦山クライミングができてなによりでした。
b0227552_2162656.jpg

 雪彦山のアプローチの沢筋はトチの木の大木が多い、土が豊潤な証拠ですね。

More
by kamesanhno | 2011-05-31 20:54 | 雪彦山 | Comments(0)

大座礼山で観た花など

画像のファイルの変換に苦労しました。少しだけデジタル一眼レフカメラが理解できたのかな?

b0227552_22302933.jpg

たぶん「コミヤマカタガミ」かな?花は1.5㎝ぐらいでした。この花が大座礼山では一番咲いていました。

More
by kamesanhno | 2011-05-30 22:37 | 樹木、花など | Comments(2)

新緑のこうもり谷

11/05/27  
 5月2日以来のこうもり谷でした。やはり日月とかなりの降水量だったようです。衝原湖の風景が渇水から満水と一変していました。そしてこうもり谷の新緑も綺麗でした!
 貸切かな?と思っていたら総勢8名で須磨Gが6名でした。気温は18度とすごしやすかったけど、やはり壁はヌメリを感じました。超ヌメリ手のarutuなのでこうもり谷のシーズンも終盤ですね。
b0227552_20523497.jpg


More
by kamesanhno | 2011-05-26 21:06 | クライミング | Comments(0)

増水のトゥエンティクロク

 ハーブ園~トゥエンティクロス~六甲森林植物園~北鈴蘭台
 布引貯水池から10分ほど急坂を登るとハーブ園の「かぜの丘駅」に着く。ロープウェイの料金は知らないけど、ハーブ園の入園料は200円で格安です。いきなり「フレンチラベンダーの花が迎えてくれる。この花は初めて観ました。のんびりと多くの花を観ながらハーブ園の駅に登って行く。平日なのに賑わっていてビックリでした。
 ここから登山道を登る。新緑がやけに美しく感じる。天狗道出合にはのんびりし過ぎたので12時を過ぎていた。予定どおり麻耶山まで登るかどうか迷う。結果、麻耶山経由では森林公園は時間がかかると判断し、天狗道を下ってトゥエンティクロスから森林公園に行くことにした。
 天狗道を下って行くと何だか沢音が凄まじい。まったく呑気なPです。あれ~?渡渉できるやろか~でした。昨日の降水量はかなりあったでしょう。結果は登山靴を脱いでの渡渉箇所が2ヵ所、やばい渡渉が数ヵ所、そして圧巻は登山道が増水で通れなくなっていました。
 工事現場の迂回路からのんびりと下っていたらアレ?登山道がない!堰堤の増水でダム?大きな池?が出現していました。これでアウトか!で引き返すと巻き道の案内標識があってやれやれ、でした。何度もトゥエンティクロスは歩いているけど、こんな体験は初めてでした。
 森林植物園はツツジ、シャクナゲも終わっていたので静かでした。アジサイが咲く頃までは静かな森林植物園が楽しめると思います。
 北鈴蘭台まで送迎バスを初めて利用する。マイクロバスかな?と思っていたら大型バスでした。無料はありがたいです。たぶんシーズンの季節だと満車でしょう!

b0227552_20561931.jpg

フレンチラベンダー

More
by kamesanhno | 2011-05-25 21:22 | 表六甲山 | Comments(2)

雨上がりの六甲山

 11/05/17
今日は布引滝からハーブ園、麻耶山さんは諦め天狗道から濁流のツゥエンティクロスから森林公園を歩く。雨上がりで新緑がとても眩しくて綺麗だったがツゥエンティクロスの濁流に結構つかれたので、初めて送迎バスで北鈴蘭台に帰る。

 
b0227552_21184774.jpg

 予想どおり布引の滝は水量が凄かったです。雌滝
by kamesanhno | 2011-05-24 21:25 | 表六甲山 | Comments(0)

大豊町の大杉

01/05/12
 やっと大豊町の大杉が観れました。3000年の年輪を刻む国の天然記念物です。や~、確かに大きかったです。南大杉と北大杉は夫婦杉と呼ばれているそうです。南杉の方が大きくて棟高は周囲で20m、高さは60mだそうです。北大杉もおとらない超大杉です。

b0227552_21393313.jpg



b0227552_2149412.jpg


More
by kamesanhno | 2011-05-23 22:07 | 樹木、花など | Comments(0)

明戸岩

01/05/18
大座礼山から登山口に下りたのが14時過ぎだった。明日は紅ノ峰でクライミングの計画だったが、暑そうなので5,6年前に一度訪れたことのある、明戸岩に変更する。
 とにかく四国の山は奥深いです。四国西部のど真ん中の山岳ドライブは新緑が眩しくそして美しいので気持ちがいいです。信号もなく空いているので快適な山岳ドライブが楽しめました。
途中で「むささびの湯」という温泉に浸かり、夕方に仁淀川沿いのテント場備に着く。
以前は池川町だったが町村合併で「仁淀川町」に町名が変わっていた。スーパーで「鰹のたたき」と「かた豆腐」を仕入れる。どちらかと言えばクライミングより綺麗な河川敷でのキャンプと鰹のたたきが主目的だったかもしれない。
翌朝、やっぱり明戸岩の岩場にはすんなり着きませんでした。前回同様に少し行き過ぎてしまう。岩場は杉林の中にあり陽があたらないのですごしやすかったです。
  アプローチが非常に悪い上部壁の「ベルサーチ5.9」と「フェラガモ5.10bc」を登る。フェラガモは10cのルートに入ってテンションでした。もっと早めに右に逃げるべきでした。
 その後「バージン5.10ab」を登る。前回も登っているがアルパインルートみたいで新鮮でした。これは何とか再RPできました。あとはイレブン台ばかりなので昼食を食べて下山することにする。
 時間もあるので大豊まで国道を通って、三度目の正直で大豊の大杉を観ることができました。大豊からはR32号線を走り大歩危、小歩危の渓流美を楽しみ神戸には19時頃に帰りました。

b0227552_2292255.jpg

明戸岩です。 被っていますね。5.11以上が充実しているので午前中で退散でした~。

More
by kamesanhno | 2011-05-22 22:28 | クライミング | Comments(2)

西赤石岳で観た花など

b0227552_21354932.jpg


シコクカッコウソウらしい?

More
by kamesanhno | 2011-05-21 21:53 | 樹木、花など | Comments(0)

大座礼山

 今回の四国の山ツアーの目的の一つは大座礼山のブナの巨木を観ることだった。西赤石山の駐車所場の東屋でキャンプして翌朝に大座礼山に行く。
 大座礼山は東赤石山西側の対面にある。一昨年に東赤石山から筏津山荘方面に下ったところです。初見なので登山口までのアプローチで迷いました。40分ぐらいロスしたのかな。間違いは峠の手前の林道が登山道かなと思っていたのが峠を越えてからが登山口だったからです。
 大座礼山は往復4時間チョットでしたが、自然が保たれていていい登山道でした。頂上まじかのブナの巨木帯は感激ものでした。徳島県の権太山のブナの巨木も凄かったけど、大座礼山がやはり軍配があがるのな。。です。

 
b0227552_2228114.jpg


 このブナが一番大きかったです。 棟高が3.5m 樹齢は300年以上とのことです。
 残念だったのはまだ新芽が出はじめだったので新緑の大樹が見れなかったことかな。1200m辺りのブナは素晴らしい新緑だったので贅沢は言えません。

More
by kamesanhno | 2011-05-20 22:47 | 四国の山 | Comments(0)

西赤石岳

西赤石岳 2011/05/17
 日曜日の夜、垂水を19:20ごろ出発し新居浜の道の駅「マイントピア別子」に22時40分頃に着く。今日は此処までで道の駅にテントを張って一杯やって寝ました。でも深夜にサーキット族?が来て煩かったです。
 翌朝、マイントピア別子からは20分弱で東平駐車場に着きました。
 東平登山口(8:00)~一本松車場(8:20)~トロッコ道~銅山峰ヒュッテ(9:45)~銅山越~西赤石岳(12:10)~兜岩(12:30=13:00)~トロッコ道出合(14:20)~東平登山口(15:30)
 平日の月曜日なのでがすでが多くの登山者の車が駐車されたいた。県外の車も多くてビックリでした。西赤石岳の曙ツツジを皆さんご存じなのですね。
 帰ってから分かっけど西赤石周遊は、どうも遠回りの歩きをしたみたいだ。最短道は沢沿いに行くルートのようですが、今回歩いたコースは銅山のトロッコ道で歴史を思わせるいい古道でした。
 かなりの遠回りのコースだけどとても気持ちのいい道です。
 * 銅山峰ヒュッテは30数年振りに再開できました。30数年前に沢登りで西赤石岳を目指したけど最初の釜でドボン!で敗退でした~。これも山岳会に入会する一つの動機だったかな。。です。

b0227552_20524736.jpg


西赤石岳の稜線からみたアケボノツツジ

More
by kamesanhno | 2011-05-19 21:29 | 四国の山 | Comments(0)

クライミング、沢歩き、山歩き、四季おりおり山を楽しみたいですね。