ブログトップ

カメさんHの山バカ日誌3

カテゴリ:ラオス・ターケイク( 9 )

ラオス・ターケーククライミング 2019-3

撮り溜め画像です。
b0227552_10511934.jpg

b0227552_10514964.jpg


続きを見る
by kamesanhno | 2019-02-15 11:16 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

ラオス・ターケーククライミング 2019-2

7・Canyonから8.9はマルチピッチのトポです。

その2は東側のエリアです。ほとんどPMから登っています。

b0227552_21093610.jpg

10・Musiku Hall

後半には56台の登れるルートが少なくなってきたので、2日連続で登りに来ていました。

2/03 Time to over 6b 23m 9bolts 1sling FL

2/03 Caveman 5c + 10m 5bolts 1sling TR回収

どこにルートがあるのか?トラバースのトンネルルートでした。

b0227552_21042948.jpg
b0227552_21044799.jpg
b0227552_21051113.jpg

2/04 BOng Plaver 6b 14m 5bolts ワンテン

2/04 Stairway 6b+ 11m 6b ツウテン

ドッカブリのルートです。もうちょっと頑張るべきでした~。

b0227552_21055129.jpg

b0227552_21053567.jpg
12・Tree Lounge

1/30 PIenzbohne 5c 19m  9bolts FL

1/30 White Rabbit 6a 18m 9bolts FL

ここのエリアはやさしいルートが多いです。4aから6a+までで12本あります。

b0227552_21062102.jpg

13・Weibe Wand

1/29 Odyssee 6a+ 24m 8bolts 1sling OS

1/29 Nubbel 6b35m 12bolts 2sling FL 長いルートでした。。

ここのエリアは長いルートばかりです。H澤さんは6c、40mのルートをMOSされました。

b0227552_21063735.jpg

b0227552_21070009.jpg

14・Spielholle

2/02 Full ouse 6a+ 15m 4bolts 3sling ,FL

18・Schnecke

1/21 Paule 6a+ 23m 9bolts MOS

b0227552_21072727.jpg

19・CLIMBERS Home

2/05 Waiting for Bolts6a 30m 4bolts 10sling ,FL

ターケーク最後のルートでした。気軽に登りたかったけど。。。6a?でした。ボルトよりシュリンゲの数が多いです。。。

b0227552_21090835.jpg

25・Hilton

1/18 Mon General 6c 23m 11bolts 

昨年、韓国人の方が登っていたルート。。。 OSトライだが、4P目でフォールでした。
27・Elephanto(Ⅱ)

1/12 Klitoritis 6a+24m 8bolts MOS トポに★★をつけています。

27・Elephanto(Ⅲ)

1/12 Rambo Girl 5b 15m 6bolts FL

1/12 Ramboy 5c 21m 7bolts 1sling FL

27・Elephanto(Ⅳ)

/21 Lts Raining Man 6b 16m 5bolts FL

b0227552_21074214.jpg

29・Roof Center

1/13 Monekey Strart 6b+12m 3bolts 敗退 

1/31Monekey Strart ムブーを変えてRPできました。出だしがボルダームーブです。

30・Roof RIght Side

1/13Saugeburt 6+ 20m OS クイックドローは残地されています。

トラバースが恐いと書いています。

トンネルの前にシュリンゲがあったので、そこまでかと?登ったけど。。。大間違いでした。

b0227552_21075495.jpg

トンネルルートのU田さん

33・Methan

1/22 Frankischer Einstieg 6b 22m 4bolts10slingMOS

1/22 Ziegenpeter 6b+32m 13bolts 1sling OS

マメオさんがMOSされたので、登らしてもらう。マスターでは登れなかったかも。。。

b0227552_21090835.jpg

b0227552_21092305.jpg

須磨のメンバーで


by kamesanhno | 2019-02-13 21:23 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

ラオス・ターケーククライミング 2019-2

ラオス・ターケーククライミング 2019

期間 110日~28

b0227552_10322773.jpg

今年も4週間の日程でラオス・ターケークの岩場にクライミングに行って来ました。

メンバーは昨年のメンバーガンさん、I川、Hの外にH澤、U田、M村6名で先発しました。

その他に後発でマメオさん、SWさん、京都メンバー4名で総勢12名でした。

その他にH澤さんの知人のY下さんが加わり最盛期は13名の関西人がターケークでクライミングを楽しみました。

でも、2/10に関空に到着後にドル、バーツの残金とメモ帳を紛失してしまいました。

メモ帳がないので、トポに記載したメモと画像を頼りに、記録の編纂をしましたので詳細な記録は残念ですが記載できません。

まだ、メモ帳を無くしてしまった虚脱感は拭えないけど、トポに記した日付と画像で記録を残したいと思います。

b0227552_10333380.jpg

日程

1/10関空(10;30)~ビエンチャン空港(19:10)ビザ申請等~センタープティクホテル(19:30

1/11ホテルで予約したワゴン車でバスステーションからターケークへ~GCH(17:00頃)

1/122/05  GCH泊でクライミング

2/5 GCH(15:00)~ターケークのゲストハウス泊

2/6 ターケークバスステーション(9:15)~センタープティクホテル(1:00

2/ センタープティクホテル(9:30~ビエンチャン市内観光~ビエンチャン空港(19:50)~関空(06:40

GCH(グリーン・クライマーズ・ハウス)

当たり前ですが同じ景色が広がっていました。今回はドミトリー(12人部屋)で生活しました。

GCHの周囲は岸壁に囲まれていて、小さな盆地状のところにあります。

GCHは1と2があるが我々は1で生活する。
バンガロー(3人限度)
10棟とドミトリー(12人)2棟あり中央に食事などを提供するレストランがあります。

エリア

エリア数は38あります。いずれのエリアも非常に近くて2,3分のところから遠いエリアでも15分程度で着きます。

GCHの小川をはさんで対岸が8エリア、GCH側は30エリアです。GCH側はゆうに1㌔ぐらいエリアが連なっています。

GCHでの生活

毎日6時から6時30分頃に起きて、7時から8時ぐらいまでに朝食、その後9時過ぎからクライミングに出かけます。

午前中は陽があたらない対岸の岩場でクライミングして、昼食にGCHに帰って14時過ぎからGCH側でクライミングを楽しむ毎日が続きました。

食事はGCHのレストランで朝、昼、夜ともメニューも豊富でとても美味しかった。どのメニューにもベジタブル、ポーク、チキンが選べます。

周囲は山に囲まれていて、なにも楽しむ娯楽はありません。輝く星空を眺めて少し読書などして21時ぐらいには就眠していました~。

今回はH澤さんと囲碁を数十年振りに楽しむことができました。

毎日晴天の日が連続しましたが、昨年と比べると暖かい日が多かったです。雨はまったく降りませんでした。

b0227552_10345146.jpg
                             GCHの奥側




続きを見る
by kamesanhno | 2019-02-11 10:49 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

ターケーククライミング 2019

2019/01/10~02/10
昨年に続き、今年もラオス・ターケーククライミングに行って来ました。
昨年より一週間長い日程で一か月の遠征でした。今日の早朝の7時前に関西空港に帰って来たところです。
まだ、撮り溜めた画像は見ていません。取りあえず、I川さんが送ってくれたお気に入りの画像をアップします。

b0227552_20452857.jpg
レストの時に訪れたターケークのメコン川

b0227552_20413029.jpg
どこやろか?調べてみないとわかりません。でも6c(5.11b)までのルートです。


by kamesanhno | 2019-02-08 20:50 | ラオス・ターケイク | Comments(2)

ラオス・ターケーククライミング 4

b0227552_14114148.jpg


費用

どのぐらい費用はかかったと、よく聞かれたのでまとめてみる。

10000Kip=150円で換算

航空代金 ベトナム航空 関空~ラオス~ビエンチャン        64、480円

ビザ申請 15日間以上滞在の場合 30ドル             3,300円

ビエンチャンからGCHまで交通費

往路 ワゴン車+バス代130000Kip ツクツク代50000K     2,700円

復路 ワゴン車20000Kipバス代60000Kipツクツク代30000KIp 1,800円

GCHでの支払い 10000Kip=150円

バンガロー 18泊 1泊70000Kip 1260000Kip  18、900円

飲食代等        1647000Kip           24、700円

*ビール(640m)12000Kip 180円 ほぼ毎日1.5本飲む

 コーヒー90円毎朝飲む ミネラルウオーター90円ほぼ毎日購入

ガイドブック  130000Kip                 1、950円

タバコ 11箱 1箱 6000Kip 90円              990円

チョーク     20000Kip                   300円

合計                   3459000Kip  46、830円

*バンガロー代をバーツで飲食費をドルで支払った。

レスト ターケーク往復 約66000Kip               990円

ビエンチャン観光タクシー代    13ドル             1,430円

ラオスでの費用                          57,050円

その他、航空での食事代、お土産代が                21,050円

総合計                              78,100円

ホテル代(朝食込)クレジット支払い

メコンホテル      140000Kip                2,100円  

センターポールホテル  113.32ドル                 3,200円 

                                 

航空代金+現地費用+ホテル代 64,480+78,100円+5,300円

トータルで147,880円でした。

日本で100,000円をドルとバーツに換金 ドルを60,000円バーツを40000円換金 

ビエンチャン空港で10,000円をKIpに換金 約773,0000Kip

Kipはほとんど使いきった。ビエンチャンではドル、バーツとも問題なく使えた。  

帰国後その日に、関空で残ったドルとバーツを換金した。 31,900円 

         


by kamesanhno | 2018-02-10 14:12 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

ラオス・ターケーククライミング 3

レスト

17日間のGCHの滞在で5日レストした。4日間クライミングして、1/20が最初のレスト日だった。GCH前日にツクツクを予約したが、GCHのトヨタのワゴン車でした。料金は100,000Kip(1500円)だった。帰りも時間指定してGCHのワゴン車にする。

目的は帰りのターケークからビエンチャン行きのバスの時刻とGCHのお湯が温かったりしたので、ケトルの購入です。

色々な電気点を探してやっとケトルを1500円で購入できました。ラオスは発展途上国なので店の方にはほとんど英語が通じませんでした。

メコン川沿いのレストランで昼食後にラオスマッサージに行く。1時間で750円でした。

2回目のレストは1/241/25の二日間でした。実は1/20頃から左足の親指に痛みを感じていました。レストのラオスマッサージで違和感のあった親指を思い切り引っ張られて余計に痛めたようです。歩くのもしんどくなり二日間ビールも止めて静養しました。

持参した電子辞書で調べてみたら痛風の症状と酷似していたので、痛風だったでしょう。

3回目の1/29は午後からレストして、GCHのバーベキュウイベントに参加する。ガンさんの通訳では歩いて20分とのことでしたが60分かかりました。

綺麗な池?小川でのバーベキュウでした。

4回目は2/1最終日の一日前に左足指の痛みも治まったので、GCHの周囲に探鳥に行く。

結構、色々な野鳥に出合えたけど、家に帰って再生したみたら、なんとメモリーカードに記録されていなかった。撮影に夢中になり確認していなかったのが痛恨の失敗でした。

そして、最終日は午前中クライミングをして、午後から帰り支度になりました。


b0227552_20021803.jpg
ツクツクのドライバーと交渉するガンさん
メコン川畔からバスターミナルまで約4㎞
一人10,000バーツ(150円)で交渉成立でした。
b0227552_20014822.jpg
メコン川畔
b0227552_20030104.jpg
池?には3本のスクラックラインが張ってあった。水面1.5mぐらい
この体勢から立ちこむのが難しい。。。。。とても無理です
b0227552_20024943.jpg
こちらは50㎝ぐらいかな?
b0227552_20024159.jpg
大きなサンドイッチでした~。
日本の会費制ではなくビール、サンドイッチとも各自申告でした。



by kamesanhno | 2018-02-09 20:18 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

ラオス・ターケーククライミング 2

クライミング

1月17日から2月3日までGCHに滞在した。クライミングが12日レストが5日だった。クライミングに行ったエリア数は11か所だった。登ったルート数は5bから6c(5.85.11b)までで47本だった。

各ルートには取付きにルート名が書いてあるので、間違うことはない。ルート名はドイツ語が多いとのこと。6cには4本トライしたが今回はRPできなかった。

登れなかったルートがやはり記憶に残るルートとなった。

ギリシャ・カリムロスの岩場はエリアによってコルネ、フェース、スラブと楽しめるが、ターケークの岩場は9割以上がコルネが発達した被り系の岩場なので、言い訳になるが苦手系の岩場でした。

それでも初見のルートを登る楽しみは格別なものがあります。

よく訪れたエリアは2番のSwiss Oldiesエリア ここのエリアは2016年から2017年に開拓された新しい初心者向きのエリアです。5aから6a+のルートが10本ある。都合4回訪れているが1/18日に3本登って、後はアップで訪れた。

3番のBotanical Gardenエリアも4回訪れた。6a+から6cまで5本のルートがある。ここのMorninnguGlory6c25mが2回トライしてワンテンに終わった。ガンさんは5本のルートをRPされました。

5番のHangoverエリアは6a+から7b+まで12本のルートがある。ここに6cの人気ルートFat Doobies 6c 19mがある。2回トライしたがここもワンテンに終わった。

18番のSchneckeエリアは広いエリアでルート図は(1)から(Ⅲ)まである。4回訪れている。5bから7c+のルートが13本ある。6b+まで9本登っている。

27番のElephantも広いエリアでルート図は(Ⅳ)まである。初日の1/17と3回訪れている。5aから6bまでで25本のルートがある。

こうしてルート図を見ながら振り返ると、まだまだ登っていないルートがたくさんある。


b0227552_21090220.jpg
Swiss Oldiesエリアのガンさん 6aのルート

b0227552_21091363.jpg
Swiss Oldiesエリアのモチマスさん  6a+のルート
b0227552_21092468.jpg
Elephantエリアのモチマスさん 6a+のルート

b0227552_21093691.jpg
GCHと夕日に輝く岩壁
b0227552_21094621.jpg
Roof Centerにトライするクライマー






続きを見る
by kamesanhno | 2018-02-08 21:34 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

ラオス・ターケーククライミング 1

2018/01/15~02/05

ラオス・ターケーククライミング


b0227552_20293481.jpg
期間 115日~25

3週間の日程でラオス・ターケークの岩場にクライミングに行って来ました。

メンバーは昨年のギリシャ・カリムロスと同じメンバーでガンさん、モチマスさん、I川さん、Hの4名です。皆、ラオスは初めてでした。

経路

タイのバンコックからターケークに入る経路が多いようですが、私たちはベトナム空港でハノイ経由でビエンチャン。ビエンチャンで一泊して2日目にバスでターケークに向かい、夕方にクライミング基地のグリーン、クライマーズ、ホーム(GCH)に着きました。

GCH

GCHはターケーク(ビエンチャンからメコン川沿いを南下する。ラオスの中堅都市)から車で25分ぐらいです。国道から車で5分ぐらい山沿いに入った所にあります。

2010年頃にドイツ人のクライマーがこの地に訪れて開拓が始まったようです。

GCHの周囲は岸壁に囲まれていて、小さな盆地状のところにあります。Hは九州の宮崎の岩場に来ているのかと疑うほど雰囲気が良く似ていました。

エリア

GCHで購入したルート図によるとエリア数は37あります。GCHの小川をはさんで対岸が7エリア、GCH側は30エリアです。GCH側はゆうに1㌔ぐらいエリアが連なっています。ルート数は361本で6aから7bまでのルート数が充実しています。

GCHでの生活

毎日6時から6時30分頃に起きて、7時か8時ぐらいまでに朝食、そのご9時から10時頃にクライミングに出かけました。午前中は陽があたらない対岸の岩場でクライミングして、昼食にGCHに帰ってビールをガンさんと半分ずつ飲んで、2時過ぎからGCH側でクライミングを楽しむ毎日が続きました。

夕食後は周囲は山しかないので、なにも楽しむ娯楽はありません。輝く星空を眺めて少し読書などして9時ぐらいには就眠していました~。


b0227552_20291157.jpg
GCHのログハウス
11棟あります。
ダブルベットと簡易布団で3人で過ごしました。
b0227552_20292230.jpg
12人のベットがあるドミトリー
シャワー、トイレは共有ですが、次回はこちらかな。。。
b0227552_20294762.jpg
初日に訪れる方が多い、Eiephantエリア

b0227552_20295657.jpg
最大ルーフのエリア




by kamesanhno | 2018-02-07 20:38 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

ビエンチャン

2018/02/04
昨日、ターケイクのグリーンクライマーズホームを9時頃に出発し、15時頃にビエンチャンに着きました。
今日は半日市内を観光して、18時発のハノイ経由で月曜日の早朝に関空に帰国します。
皆さん元気です。
b0227552_11195448.jpg
メコン川の夕日

by kamesanhno | 2018-02-04 11:21 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

クライミング、沢歩き、山歩き、四季おりおり山を楽しみたいですね。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28