ブログトップ

カメさんHの山バカ日誌3

ラオス・ターケーククライミング 2

クライミング

1月17日から2月3日までGCHに滞在した。クライミングが12日レストが5日だった。クライミングに行ったエリア数は11か所だった。登ったルート数は5bから6c(5.85.11b)までで47本だった。

各ルートには取付きにルート名が書いてあるので、間違うことはない。ルート名はドイツ語が多いとのこと。6cには4本トライしたが今回はRPできなかった。

登れなかったルートがやはり記憶に残るルートとなった。

ギリシャ・カリムロスの岩場はエリアによってコルネ、フェース、スラブと楽しめるが、ターケークの岩場は9割以上がコルネが発達した被り系の岩場なので、言い訳になるが苦手系の岩場でした。

それでも初見のルートを登る楽しみは格別なものがあります。

よく訪れたエリアは2番のSwiss Oldiesエリア ここのエリアは2016年から2017年に開拓された新しい初心者向きのエリアです。5aから6a+のルートが10本ある。都合4回訪れているが1/18日に3本登って、後はアップで訪れた。

3番のBotanical Gardenエリアも4回訪れた。6a+から6cまで5本のルートがある。ここのMorninnguGlory6c25mが2回トライしてワンテンに終わった。ガンさんは5本のルートをRPされました。

5番のHangoverエリアは6a+から7b+まで12本のルートがある。ここに6cの人気ルートFat Doobies 6c 19mがある。2回トライしたがここもワンテンに終わった。

18番のSchneckeエリアは広いエリアでルート図は(1)から(Ⅲ)まである。4回訪れている。5bから7c+のルートが13本ある。6b+まで9本登っている。

27番のElephantも広いエリアでルート図は(Ⅳ)まである。初日の1/17と3回訪れている。5aから6bまでで25本のルートがある。

こうしてルート図を見ながら振り返ると、まだまだ登っていないルートがたくさんある。


b0227552_21090220.jpg
Swiss Oldiesエリアのガンさん 6aのルート

b0227552_21091363.jpg
Swiss Oldiesエリアのモチマスさん  6a+のルート
b0227552_21092468.jpg
Elephantエリアのモチマスさん 6a+のルート

b0227552_21093691.jpg
GCHと夕日に輝く岩壁
b0227552_21094621.jpg
Roof Centerにトライするクライマー








b0227552_21181001.jpg

b0227552_21184180.jpg
ハングオーバーエリア 大きな穴でクライマーがレストしています
b0227552_21191257.jpg
I川さん
b0227552_21201305.jpg
レストの時にバンガローから クライマーが岩壁の右よりの中央にいます
b0227552_21210369.jpg
ガンさんが登っています
b0227552_21211283.jpg

b0227552_21232247.jpg

b0227552_21273765.jpg
取付きに書かれているルート名

by kamesanhno | 2018-02-08 21:34 | ラオス・ターケイク | Comments(0)

クライミング、沢歩き、山歩き、四季おりおり山を楽しみたいですね。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28